エンシュウ株式会社は、気候変動に係るリスク及び収益機会が自社の事業活動や収益等に与える影響について、TCFD( The Task Force on Climate-related Financial Disclosures/気候関連財務情報開示タスクフォース)の枠組みに基づき開示を充実させていきます。

ガバナンス

 エンシュウは、気候変動への対応を重要な経営課題の一つであると位置付けております。対応として社内に「SDGs委員会」を設置しており、トップは代表取締役社長が務め統括しております。同委員会は、当社の環境に対する取り組みの推進を行い経営会議に報告し、必要に応じて提言を行う体制となっております。また、委員会の活動内容については、取締役会に年2回以上報告します。
 また、既に当社から排出されるScope1 およびScope2のCO2排出量について算定し、毎期モニタリングしております。

【リスクと機会】

 脱炭素化に伴う原材料等の高騰によるコスト増加が見込まれます。また、炭素税などの導入や環境に関する法令などの対応に伴い、事業コストの増加が見込まれます。
 EV化への段階的な移行に伴い部品点数が減少すると言われており、工作機械業界全体として影響が見込まれます。その一方でモーターケースなどのEVに関係する部品加工や、省エネ型機械のニーズの高まりが見込まれ、省エネ型内燃機関に対する設備投資も当面の間見込まれます。また、風力発電などの環境設備投資については増加が見込まれます。
当社工作機械事業が得意とする自動化やインテグレート技術をお客様に提供することにより、工場の効率化や環境負荷の低減に貢献することが出来ると考えております。また、軽量化・省エネ機器導入等の省エネ技術を搭載した製品やサービスを提供することでもお客様の環境負荷低減に貢献することが出来ると考えております。

 当社高塚工場においては、浜松市の天竜川ハザードマップにおいて、約2mの浸水が1000年に一度程度発生するリスクがあるとされております。当社としては、浜北工場を含め地震や浸水被害などを想定したBCPを推進しリスクの低減に努めてまいります。

リスク管理

 環境施設課は省エネに関する取り組みを推進するとともに、事業所別の環境データを毎期測定し、エネルギー使用量及び原単位の推移をモニタリングしております。Scope1 およびScope2のCO2排出量の実績推移も毎期算出しモニタリングしており、合わせて社長が議長を務める経営会議に報告しております。
SDGs委員会においては、お客様の環境負荷低減に向けた製品開発やサービスの提供、社内設備の環境負荷低減についてなど環境に関する取り組み状況を確認し、推進していきます。また、経営会議に対して活動内容の報告、提言を行い、経営会議は必要な対応策を決議し、実行致します。

指標と目標

 エンシュウは、当社から排出されるScope1 およびScope2のCO2排出量について算出し毎期モニタリングしております。現状、Scope3のCO2排出量算出およびScope1から3の削減目標策定について対応できておりませんが、今後段階的に対応してまいります。