経営計画

事業ポートフォリオに関する考え方

当社の事業は、工作機械、部品加工、システムインテグレート(IoT含む)、レーザー、賃貸事業があります。このうち、賃貸事業を除く事業については相互にシナジー効果が期待できます。したがって、これらの事業を共に発展させていくことが会社の成長に繋がると考えております。
工作機械事業(レーザー含む)については、当社が得意としている自動車業界に加えて新たなマーケットを開拓することで売上高の拡大を図ります。また、サービス、システムインテグレートにもより一層注力し事業を深化させていきます。
部品加工事業については、東南アジアにおいて部品加工工場を持つ強みを生かした事業拡大が可能であると考えており、また国内事業においても事業拡大のチャンスがあると考えております。そのため、国内外ともに積極的に売上高の拡大を図っていきます。

経営資源の配分に関する考え方

経営資源を配分すべき事業としては、工作機械、部品加工、システムインテグレート(IoT含む)、レーザー、賃貸事業があります。
工作機械事業(システムインテグレート、レーザーを含む)においては「事業ポートフォリオに関する考え方」にも記載の通り、市場の拡大と事業の深化を図っていく計画であり、人的投資が不可欠となります。一方で、工作機械事業は市場の変動が大きいため、設備投資は慎重に行い、生産性の向上、外注の活用等を併せて対応していきたいと考えます。
部品加工事業については、「事業ポートフォリオに関する考え方」にも記載の通り、国内海外ともに事業拡大を図っていく計画であり、人的投資は極力抑制しながら、設備投資による生産性の向上により規模拡大を図る考えです。
賃貸事業については、維持更新投資以外は投資を行わない考えです。

長期ビジョン新中期経営計画(2021.5.13)

長期ビジョン新中期経営計画 (1MB)

新市場区分の上場維持基準の適合に向けた計画書(2021.11.4)

新市場区分の上場維持基準の適合に向けた計画書 (3MB)